/

KDDIなど、ドローンで広域警備を実験 福島県で

KDDIは19日、ドローン(小型無人機)で広域を警備する実証実験を福島県で実施したと発表した。複数のドローンと運航管理システムを4Gで通信して遠隔で制御。上空から広域警備するほか、地震などの災害を想定し、ドローンで沿岸部の状況を確認した。高齢化で警備業界の人手不足が進むなか、ドローンによる効率的な監視サービスの実用化を目指す。

実験は福島県南相馬市の沿岸部とその周辺で1月27日に実施した。3台のドローンを活用して広い敷地の施設内を巡回・警備できることを確認した。地震による津波の発生を想定し、ドローンを沿岸部に急行させる実験も実施。ドローンから6キロメートル離れた市役所庁舎で沿岸部の状況を把握できることを検証した。

ドローンは4Gで運航管理システムと接続した。遠隔からドローンを制御できるほか、ドローンが撮影した映像をリアルタイムで確認できる。

実験は警備最大手のセコムとドローン用ソフトを開発するテラドローン(東京・渋谷)が協力。セコムは警備の観点から実験のシナリオを考え、テラドローンが他の事業者のドローンと干渉し合わないようにするシステムを担当した。KDDIは4Gネットワークを提供し、運航管理システムを開発した。

KDDIは2018年3月に自律飛行するドローンで施設を警備する実験をするなど、実用化に向けて実験を進めてきた。KDDIはドローンの運航管理システムについて、20年上期中の商用化を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン