セブンなどコンビニ3社、バイオマス配合レジ袋有料化

環境エネ・素材
小売り・外食
2020/3/19 18:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン―イレブン・ジャパンなどコンビニエンスストア大手3社は7月から全レジ袋をバイオマス素材を30%配合したものに変えた上で、有料化する。バイオマス素材の配合率が高い袋などは7月から始まるレジ袋の有料化の対象外となるが、プラスチックの使用量削減に向けて有料化を決めた。価格は現在詰めている。

国内のレジ袋の使用量は年間約20万トンと推定されている。コンビニでの使用頻度は高く、セブン、ファミリーマー…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]