浮世絵でエンタメ、演劇カフェやVR鑑賞法
国内外から熱視線、広がる新たな楽しみ方

2020/3/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本を代表する芸術の「浮世絵」が改めて注目を集めている。浮世絵をテーマにした演劇や、VR(仮想現実)を活用した鑑賞法など新たな楽しみ方が広がっている。今年は葛飾北斎の生誕260年にあたり、国内各地で関連する企画も相次ぐ。もともと海外では人気が高い浮世絵だが、日本文化を伝える有力なコンテンツとして、国内外から熱い視線を浴びている。

「体験したことのない斬新なエンターテインメントを楽しめた」。訪れた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]