マイナビなど学生向け「1日インターン」取り扱い中止

2020/3/19 17:04
保存
共有
印刷
その他

大学生の就職情報を取り扱うマイナビ(東京・千代田)やリクルートキャリアなどは19日、自社の情報サイトで十分な就業体験が確保されない1日完結の「ワンデーインターンシップ(1日インターン)」の取り扱いを停止すると発表した。学生の学業や課外活動を阻害しないのが目的。長期のインターンについても夏休みなど平日以外での開催を促す。

全国求人情報協会や日本私立大学団体連合会などの幹部らが「1日インターン」の廃止を表明(東京都千代田区)

同日、各社が加盟する全国求人情報協会や日本私立大学団体連合会などが共同で記者会見し、明らかにした。

1日では就業体験プログラムを盛り込むことが難しく、単なる会社説明会になるケースが多いと指摘されている。「『インターン』と名称がつくことで学生が選考の一部だと認識して参加するケースも多い」(明治大学の土屋恵一郎学長)。そのため、大学の現場では学生がインターンの参加を優先してゼミが開けないなどの支障が生じているという。

求人情報各社は6月に開設する企業のインターン情報を掲載するサイトで、こうした「1日インターン」の名称でのプログラムの掲載受け付けを停止する。一方で、就業体験プログラムが担保される1日インターンについては「ワンデー仕事体験」などの名称に改めて掲載する。

さらに通常のインターンシップも夏休みや冬休みなどの長期休暇や、土日祝日に開催するよう企業に促す。

全国求人情報協会は69社が加盟しており、そのうち13社が新卒学生向けの情報を扱っている。経団連も2月に1日インターンやインターンの平日開催を廃止する方針を固めている。ただ、ここ数年新興の就職情報サイトが増えており、こうした取り組みにより効果が表れるかは未知数だ。

(鈴木洋介)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]