津波被災地、経済拠点へ一歩 衛星で人・車の動き解析

大震災9年
地域総合
東北
2020/3/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災の津波で甚大な被害を受け、居住が制限される地域(災害危険区域)が、経済活動の拠点として生まれ変わりつつある。人工衛星を使って人や車の出入りを調査・解析したところ、住民生活が営めなくなる一方で商業施設や工場、農場などが徐々に生まれていることが分かった。データと区域内の復興事業を照らし合わせ、津波被災地の現状を検証した。

2017年春を機に、災害危険区域への人の出入りが急減した。区域の近…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]