/

この記事は会員限定です

親潮に異変 北海道沖に暖水塊、サンマ不漁の原因か

[有料会員限定]

北から寒流の親潮が、南から暖流の黒潮が流れてぶつかる日本列島の太平洋沖は好漁場として知られる。ところが最近、北海道沖に暖かい海水の塊が滞留するなど海流に異変が起きている。この影響で2019年のサンマ漁は歴史的な不漁を記録した。なぜ海流に異変が起きたのか。この海域に生息する魚類にどんな影響を与えるのか。謎が深まっている。

「19年のような年はかつてなかった」。水産研究・教育機構北海道区水産研究所の黒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン