コロナ危機で考える個人投資家の教訓 慌てずに行動

マネーのまなび
2020/3/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた世界的な相場急落を目の当たりにして慌てた個人投資家は多い。保有資産で損失が膨らみぼうぜんとした人もいる。リーマン・ショック以来となる厳しい運用環境に個人はどう臨めばいいのか。新型コロナ危機から学ぶべき教訓は何だろうか。

■世界的に株安が連鎖

「未体験の相場。こんなに下がるんだ」。東京都内に住む20代女性会社員は驚く。2018年夏から国内株式や米上場投資信託(ET…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]