映画「ピリオド」 女性の物語、女性の視点で
プロデューサーのグニート・モンガ氏

社会・くらし
2020/3/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生理へのタブーと意識変化を取り上げた映画「ピリオド ―羽ばたく女性たち―」は2019年の米アカデミー賞で短編ドキュメンタリー賞を受賞した。生理について語り、経済的自立を得る女性たちを描いたプロデューサーのグニート・モンガ氏=写真=が来日し、「女性の物語を女性の視点で伝えることが重要だ。普通のことを"最高機密"にしてはならない」と語った。

作品の舞台はインドの農村地域。男女とも生理への理解が乏しく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]