共に生きる社会のための我慢
川口有美子さん(4) NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会副理事長

コラム(社会・くらし)
医療・健康
2020/3/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者が先頭を切って、在宅郵便投票での代筆やヘルパーによる痰(たん)の吸引などを国に訴え、法律を変えてきた。雨の日も風の日もヘルパーを伴ってはロビー活動し、次々に重要な社会サービスをつくってきた。私は驚愕(きょうがく)しつつ間近に見てきた。

重度障害者の中でも人工呼吸器などを使うのは、ALSや筋ジストロフィーなど神経筋疾患、事故で頚椎(けいつい)損傷や低酸素脳症を起こ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]