IT連、業界別にセキュリティー演習 格付けも

2020/3/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本最大級のIT(情報技術)の業界団体、日本IT団体連盟(IT連、東京・千代田)はサイバーセキュリティー対策の普及に乗り出す。2020年中に企業が業界やレベル別に適した演習プログラムを選べる仕組みの構築を目指す。また、対策が進む企業を独自の格付けで評価する新制度も設ける。サイバー攻撃の脅威は年々拡大するなか、日本全体の対策レベルの底上げを狙う。

インターネットセキュリティーの米ソニックウォールに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]