キヤノン ビジネス機能を強化したモバイルプリンター

2020/3/19 13:20
保存
共有
印刷
その他

キヤノンはビジネス向けの機能を強化した小型、軽量のモバイルプリンター「TR153」を4月9日に発売する。プリンター本体に印刷データを保存できる「定型文書プリント」機能を追加し、仕事で使いやすくした。別売りのバッテリーはUSB接続を使ってパソコンなどからも充電できる。在宅勤務やテレワークなど働く場所の多様化に伴う需要を取り込む。

キヤノンが4月9日に発売する持ち運びできるモバイルプリンター「TR153」

「定型文書プリント」では5つのデータを保存できる。保存容量はテキスト文書ならA4約10枚分に相当する約10メガ(メガは100万)バイト。スマートフォンやパソコンと接続しなくてもプリンター本体だけで印刷することができる。本体には小型のディスプレーを新たに設定し、インク残量やネットワークの状況などを確認できる。

別売りのバッテリーを使うと、コンセントがない場所でも印刷できる。プリンター本体にUSBポートがついており、市販のUSBケーブルで本体に搭載したバッテリーを充電できる。

大きさは従来機と同じで幅が32.2センチメートル、奥行きが18.5センチメートル、高さが6.6センチメートル。質量は2.1キログラムと小型、軽量の設計にした。

5色のインクに対応する。A4の普通紙でカラー印刷だと毎分5.5枚が印刷できる。価格はオープンで、キヤノンの公式通販サイトでは税別で2万7500円。別売りのバッテリーとアタッチメントがセットで同9800円。

スマホやタブレット端末からも印刷できる。在宅勤務やテレワークの広がりで、オフィス以外で仕事をする人が増えていることに対応した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]