桐谷さんが選んだ「新社会人にお薦めの10の優待」

日経マネー連載
株主優待
日経マネー
2020/3/31 2:00
保存
共有
印刷
その他

写真はイメージ=PIXTA

写真はイメージ=PIXTA

どうも、桐谷です。新型コロナウイルスの影響で株式市場が荒れていますね。株価が急落したこの間、私はたくさんの銘柄を買いました。こんな場面で買うと、優待・配当の利回りが数十%なんてこともあります。これから株価はまだ下がるかもしれませんが、優待投資家なら諦めずに我慢、余力があれば買い、で進みましょう。

桐谷広人(きりたに・ひろと)70歳。元プロ棋士(七段)。1984年の失恋をきっかけに株式投資を始める。現在900以上の優待銘柄を保有し、その優待品で日々の生活をほぼ賄っている。癒やされる人柄も人気の理由

桐谷広人(きりたに・ひろと)70歳。元プロ棋士(七段)。1984年の失恋をきっかけに株式投資を始める。現在900以上の優待銘柄を保有し、その優待品で日々の生活をほぼ賄っている。癒やされる人柄も人気の理由

さて今月のテーマは新社会人にお薦めの優待。悩んで一睡もせずに考えました。社会人になって色々と物を買いそろえるだろうなあ、だったら、どんなものをもらってもうれしいだろう、と最近優待を拡充したなかから10銘柄を選びました。

まずエスクリ(2196)。従来のレストラン割引などの優待に300株以上なら2000円相当のカタログギフトが付くようになりました。1000株以上だとカタログギフトが1万円相当で最も利回りが高くなります。カタログだけでも総合利回り5%超(300株)なので、少しずつ買い増していけばいいですね。

次にクオールホールディングス(3034)。3000円相当の青汁から、選べる健康食品の優待になりました。1年以上保有なら5000円相当にアップで利回り6%です。

グローバル・リンク・マネジメント(3486)は昨年末に優待をQUOカード1000円分に変更、2月には増配を発表しました。そこにコロナ・ショックで株価が下がり、金券優待なのに6%以上の利回り。優待拡充、増配、株価下落の3条件が重なっての高利回りです。

早稲田アカデミー(4718)はQUOカードに優待券が付くようになり、長期優遇制度も導入。QUOカードだけでも3年以上保有なら2000円分。10万円以下の投資金額でそれだけもらえるのですから、いい優待です。

■仮想通貨も優待品に

モーニングスター(4765)は、3万円台と非常に安く買える上に配当だけで4%近く。優待は仮想通貨と株式新聞Web版6カ月無料購読になりました。仮想通貨をもらって株式新聞を読み、投資の勉強もいいですね。

シダックス(4837)はカラオケ事業から撤退。優待廃止になるのではと噂されていましたが2月に優待変更を発表、2500円相当の飲料などの商品になりました。これまで優待がどうなるか分からなかったのでお薦めできなかったのですが、これで取り上げられます。今は無配ですが飲み物を飲みながら業績の回復を待てばいいと思います。

プラザクリエイト本社(7502)は優待で選べる品物(写真グッズ)の選択肢が増えました。新社会人が学生時代の思い出の写真を飾るのに重宝します。

菱電商事(8084)は1月に優待新設。配当も高いのですが優待はQUOカード2000円分。3年以上保有なら3000円分にグレードアップです。

イワキ(8095)は昨年、優待を新設。1年以上保有が条件ですが投資金額5万円以下で3000円相当のグループ商品など。長期優遇もあり選べるのがいいなあと思います。

最後に穴吹興産(8928)。昨年末に1株を2株に分割、でも優待は新100株から同じ内容で実施すると発表。実質的な優待拡充で総合利回りは5%超もあります。

■はみ出しコラム「私の初月給」
1975年にプロ棋士になり、翌76年4月から給料をもらうようになりました。手渡しだった給料を銀行口座に振り込んでもらい、その通帳を父に渡して実家で使ってもらうようにしました。父は社会保険労務士の資格を持っていたのですが、当時はできたばかりの資格で、生活できるのか不透明。以前からやっていた商売を続けていました。そこで私の給料を渡して生活費の一部にしてもらい、父が転職できればと思ったからです。
父は社労士として独立、母も趣味を楽しめるようになりました。
え? 私はどうやって生活していたか?
試合ごとの対局料やレッスン料、原稿料で十分生活できました。意外と原稿料の収入が多くて、それが後の株式投資のタネ銭になりました。

(佐藤由紀子)

[日経マネー2020年5月号の記事を再編成]

日経マネー 2020年5月号 1万円からの勝てる株式投資入門

著者 :
出版 : 日経BP
価格 : 750円 (税込み)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]