東レ子会社で国家資格不正取得か 国交相が究明指示

2020/3/19 10:55
保存
共有
印刷
その他

赤羽一嘉国土交通相は19日の閣議後記者会見で、東レ子会社の水道機工の社員が国家資格「1級土木施工管理技士」を不正取得した可能性があるとして、原因究明と再発防止を指示したと明らかにした。赤羽氏は「技術者は建設工事の根幹に関わる。極めて遺憾だ」と述べた。

国土交通省によると、10日に水道機工やグループ会社から、資格を不正取得した疑いがあり調査を開始するとの報告があった。資格の受験に必要な実務経験が足りていない疑いがあるという。

同省は有識者らでつくる第三者委員会の設置を指示。資格を不正取得した社員の特定のほか、不正取得者が関わった工事の品質や、現在稼働中の工事に配置した技術者の資格の取得状況を確認するよう求めた。

土木施工管理技士は道路や橋、河川といった土木工事の工程や安全を管理するための資格。水道機工は「実務経験を充足していない状況で受験したおそれのある社員を把握した。関係者におわび申し上げる」とのコメントを出した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]