NY株、4度目の売買停止に S&P7%急落で発動

2020/3/19 1:58 (2020/3/19 2:30更新)
保存
共有
印刷
その他

米株式市場では株式売買が一時停止された=ロイター

米株式市場では株式売買が一時停止された=ロイター

【ニューヨーク=大島有美子】18日の米国株式市場で全て株式売買を15分間中断する「サーキットブレーカー」が発動された。米東部時間午後1時前、多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数の下落率が7%を超えたため。サーキットブレーカーの現行の制度下での発動は4回目。今月の9、12、16日に発動されている。

ダウ工業株30種平均は反落して始まり、前日比1660ドル安の1万9576ドルで止まっている。2日連続で取引時間中に2万ドルを下回った。

18日の未明には、米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の時間外取引でも、米株価指数先物が大幅に下落しサーキットブレーカーの措置がとられていた。新型コロナウイルスの感染拡大で、世界景気の落ち込みが避けられないとの見方から、投資家がリスク回避に動いている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]