/

欧州LCC最大手、25日から「ほぼ全便欠航」

【ロンドン=篠崎健太】欧州格安航空会社(LCC)最大手のライアンエアー・ホールディングスは18日、新型コロナウイルスによる広範囲な渡航制限の影響で、25日から「ほぼ全ての便」を欠航にすると発表した。欧州各国が次々と入国禁止などの措置を取り、需要が急減しているためだ。年間旅客数1億5千万人の航空会社でほとんどの便が運航見合わせという異常な事態になる。

ライアンエアーの19年の旅客数は1.5億人と欧州最大=ロイター

19日から全体の80%強の便を休止する。25日以降は英国―アイルランド間など一部の路線を除き、ほぼ全面運休とする。

ライアンエアーは欧州を中心とする40カ国に就航し、1日あたり約2400便を飛ばしている。2019年の総旅客数は1億5200万人と、独ルフトハンザグループの1億4500万人を上回り欧州最大だ。地方の空港に路線網を張り巡らし、欧州市民の空の移動を支えてきたが、新型コロナ問題で全面的に運航が立ちゆかなくなった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン