/

シンガポール、すべての入国者に14日間の自主隔離

【シンガポール=谷繭子】シンガポール政府は20日から新型コロナウイルスの予防策を強化し、すべての国からの入国者に14日間の自主隔離を求める。18日に発表した。感染が世界に広がり、海外からの感染者の入国が増えているのに対応する。国民に対しても「すべての国へ渡航延期」を勧告した。

欧米などからの帰国者の感染例が増えた

シンガポールはすでに中国、韓国、イタリア、フランスなど感染が深刻な国からの旅行者の入国は禁止している。このほか日本や英国、東南アジアからの入国者には14日間の自主隔離を求めてきたが、これを全世界に広げる。

政府は同日、新規感染者の数が47人と、1日当たりの増加幅で過去最大だったと発表した。感染者は313人に達した。ここへ来て留学生や駐在など海外在住していたシンガポール人の帰国が増え、新規感染者の大多数をこうした帰国者が占めるようになったため、隔離対象を広げて感染拡大を防ぐ狙いだ。

自国民にはこれまでの「不要不急の渡航延期」から一段厳しくし、「すべての国への渡航延期」を求めることにした。週内にさらに国内感染を防ぐ対策を打ち出す方針だ。ただ「当面、完全な国境封鎖の予定はない」(ローレンス・ウォン国家開発相)とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン