米、カナダとの国境を閉鎖 新型コロナで 貿易は継続

2020/3/18 22:49 (2020/3/19 0:18更新)
保存
共有
印刷
その他

米国とカナダの国境=ロイター

米国とカナダの国境=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】米国とカナダの両政府は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、両国間の国境を一時的に閉鎖すると発表した。不要不急の人の往来が対象で、モノのやり取りなど貿易は続ける。米国を訪れる外国人のうち陸続きのカナダからの入国が最も多い。観光業など経済への影響が一段と広がりそうだ。

トランプ米大統領とカナダのトルドー首相が電話で協議して合意した。飲食や観光、娯楽などの目的で入国を互いに認めない。カナダ政府は16日、外国人の入国を禁じると発表したが、米国民は当面対象外にしていた。

米・カナダ国境の結びつきは強い。米商務省によると、2018年のカナダからの米国訪問者は2148万人と国別で最も多く、全体の27%を占める。自動車や鉄鋼など産業が一体化している地域が多く、「ナイアガラの滝」など観光資源も共有する。経済への影響は大きいが、感染拡大を抑えるためには人の往来を減らすことが不可欠と判断した。

米政権は新型コロナの感染拡大を防ぐため中国、イラン、欧州からの外国人の入国を禁じている。メキシコとの南部国境の閉鎖も検討している。欧州連合(EU)などと同様、全世界で行動を制限する動きが鮮明になっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]