/

五輪聖火の引き継ぎ式 吉田さんらビデオスピーチに

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は18日、新型コロナウイルスの感染拡大で規模縮小を決めた19日のギリシャ・アテネでの聖火引き継ぎ式について式典の詳細内容を公表した。

引き継ぎ式への参加を見送った組織委の森喜朗会長や現地で聖火ランナーを務める予定だった柔道男子の金メダリスト、野村忠宏さんとレスリング女子の金メダリスト、吉田沙保里さんがビデオ放映でスピーチをする。日本とギリシャの国歌演奏や式典会場への聖火入場などを行った後、聖火はギリシャ側から組織委へ引き継がれ、ランタンにともされて日本に向けて出発する。

引き継ぎ式を巡っては、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、披露予定だった日本の文化パフォーマンスなども中止を決めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン