アジア開銀、新型コロナ対策に7000億円を支援

2020/3/18 21:13
保存
共有
印刷
その他

【マニラ=遠藤淳】アジア開発銀行(ADB)は18日、加盟45カ国・地域の新型コロナウイルス対策を支援するため、総額65億ドル(約7千億円)を拠出すると発表した。年間の融資・無償供与額の3割にあたる大規模な支援により、各国の政府と企業の対策を後押しする。

新型コロナウイルス対策で街を消毒する作業員(11日、マニラ)=AP

約36億ドルは政府への融資に振り向け、医療と経済の問題への対策を下支えする。16億ドルは新型コロナの打撃を受ける中堅中小、零細企業に直接融資するという。融資の手続きを通常より短縮し、早期に支援を実施するとしている。

浅川雅嗣総裁は「状況次第ではさらなる金融支援や政策への助言を行う用意がある」とのコメントを出した。ADBは新型コロナウイルスへの対応として、これまでに医薬品製造などを手がける企業への2億ドル融資などの支援策を打ち出している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]