/

この記事は会員限定です

中国から来た片足の起業家 「ロボット義足」に挑む

BionicM社長・孫小軍さん(人間発見)

[有料会員限定]

ロボットが人間の足の代わりを務める――。そんな自動制御の義足に挑んでいるのが、東京大学発のスタートアップ「BionicM(バイオニックエム)」(東京・文京)の孫小軍社長(32)だ。中国で生まれ育ち、留学先の日本で2018年に起業した。子供のころ病気で片足を切断した経験から、だれもが自由に移動できる世の中にしたいと考えた。

◇   ◇   ◇

自動車業界に大変革をもたらしている「CASE」を、ご存じと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4903文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン