時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,056,955億円
  • 東証2部 65,647億円
  • ジャスダック 92,777億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率19.00倍24.73倍
株式益回り5.26%4.04%
配当利回り2.03% 1.29%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,325.61 +263.22
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,370 +250

[PR]

国内株概況

(銘柄診断)コロワイド、一時17%高 優待拡充を好感

2020/3/18 19:33
保存
共有
印刷
その他

18日の東京株式市場で、居酒屋「甘太郎」などを展開するコロワイド株が一時前日比256円(17%)高の1734円まで上昇した。コロワイドは株主に付与する金券相当の優待ポイント充実を17日に発表していた。新型コロナウイルスの感染拡大で外食への逆風が懸念されるなか、個人投資家の買いが膨らんだ。

終値は164円(11%)高の1642円で、3日続伸。売買高も3月上旬に比べて高水準となった。

3月末時点で500株以上を保有する株主を対象とし、6月に発行する優待ポイントを従来の1万円相当から2万円相当に倍増する。発行したポイントは2021年6月末まで利用できる。

世界的な感染拡大懸念で外食銘柄も売り込まれている。コロワイドの18日終値は昨年末に比べて27%安い。持ち帰りなどの需要を取り込んでいる日本マクドナルドホールディングス(9%安)、すかいらーくホールディングス(17%安)に比べ下げ幅が大きいだけに、優待を材料に買い戻しが入ったようだ。

もっとも、先行きは依然予断を許さない。コロワイドは焼き肉やハンバーガー、レストランなど多様な業態を抱える。今後の株価は「4月に開示される3月の既存店売上高の減少幅次第」(いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主席研究員)との声も聞かれた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム