長野県公示地価、商業地29地点で上昇 松本がけん引

2020/3/18 17:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省が18日発表した2020年の公示地価(1月1日時点)によると、長野県の商業地点の平均下落率は19年比0.3ポイント上昇の0.4%だった。上昇地点は29と、前年よりも6地点増加。けん引役の松本市は調査地点の約8割が上昇し、観光客の増加でホテルなどの需要が伸びている。観光地として白馬村や軽井沢町も人気が根強く、地価上昇が目立った。

松本市の商業地の上昇率は0.7%で0.3ポイント改善、2年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]