5/25 21:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 衰えるバフェット氏の手腕 指数に勝てず含み益も急減[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均反発、終値353円高 緊急事態宣言の解除見通し
  3. 3位: 三越伊勢丹、進む営業再開 課題の売り場改革[有料会員限定]
  4. 4位: 「人生を豊かにするテクノロジー生み出す」辻庸介氏[有料会員限定]
  5. 5位: 投資苦戦のソフトバンク IT連携に根強い期待[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,742,684億円
  • 東証2部 63,131億円
  • ジャスダック 89,827億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率17.07倍25.93倍
株式益回り5.85%3.85%
配当利回り2.12% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,741.65 +353.49
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
20,820 +460

[PR]

スクランブル

フォローする

取引所は閉めるべきか 東証は否定、デメリット大きく
編集委員 川崎健

川崎 健
編集委員
2020/3/18 18:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

市場を強制的に閉めてしまえば、株価は動きようがない。このため過去の株価急落局面では「取引所閉鎖論」が何度も取り沙汰されてきた。今回もコロナショックという歴史的な急落を目の当たりにし、一部の市場関係者の間でこの話が蒸し返されているようだ。コロナの感染阻止という大義名分は立ちそうだが、取引所は本当に閉めるべきなのだろうか。

パニックを止めるには、市場を閉鎖するしかないのではないか――。そんなうめき声…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム