/

栄研化学、新型コロナ検出試薬キット発売

栄研化学は18日、独自の遺伝子増幅技術を活用した新型コロナウイルス検出試薬キットを発売したと発表した。下処理した検体から35分でウイルス感染を検出できるという。国内の医療関連施設に約500台設置されている同社の検査装置をそのまま使うことができる。現在主に行われているPCR法に比べて、検査にかかる時間を大幅に短縮できる。

栄研化学の独自技術「LAMP法」は遺伝子を増幅する効率がPCR法に比べて高く、短時間で検出可能量まで増やせるのが特徴だ。重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行時にも検査キットに応用された。今回の新型コロナウイルスの検査にも有望視されており、2月の段階から開発を表明していた。試薬キットは48テスト分で税別7万6800円。

検査に使うのはLAMP法による遺伝子検査のために開発された装置で、今回の新型コロナウイルス用の試薬セットをそのまま使える。検査前には検体の下処理が別途必要となる。検体の下処理は国立感染症研究所のマニュアルに従う。検体数に応じて20~90分かかるという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン