地銀、気候変動リスク開示への賛同広がる

2020/3/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国の地銀で、気候変動が経営に及ぼす影響について情報開示を求める「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に賛同する動きが相次いでいる。国内外で大手の金融機関や企業に賛同が広がるなか、地域で率先して機関投資家らに自然災害などの経営リスクを開示するとともに、持続可能な地域づくりに貢献する姿勢もアピールする。

福島県が地盤の東邦銀行は2月、提言への賛同を公表した。県内では2019年10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]