フィリピン証取、19日に取引再開 時間は短縮

2020/3/18 16:40
保存
共有
印刷
その他

【マニラ=遠藤淳】フィリピン証券取引所は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、17日から停止していた取引を19日に再開する。取引時間は当面、午前9時30分から午後1時までとする。終了時間を通常の午後3時30分から早める。さらに証券取引所の施設内への市場参加者の立ち入りは禁止し、外部から取引してもらう。取引時間を短縮する期間は未定。

19日に取引を再開するフィリピン証券取引所(マニラ)=AP

政府は17日、取引所のあるルソン島に対し、市民の外出を最小限にとどめることを求めた外出制限措置を導入した。企業などには、電力など市民生活に不可欠な事業を除き、業務の縮小、もしくは停止をするよう要請した。これを受け、取引所もいったん取引を停止したが、その後、政府に例外措置として取引再開が認められた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]