/

聖火特別輸送機がアテネへ 20日に空自松島基地到着

東京五輪の聖火を日本へ運ぶため、ギリシャに向け出発する特別輸送機「TOKYO2020号」(18日、羽田空港)

東京五輪の聖火をギリシャから日本へ運ぶ特別輸送機「TOKYO2020号」が18日、羽田空港から出発した。古代五輪の舞台、ギリシャ西部のオリンピア遺跡で採火した聖火を首都アテネでのせ、20日に宮城県の航空自衛隊松島基地に到着する見込みだ。

羽田空港では18日午後0時50分ごろ、日航や全日空の客室乗務員や整備士が特別機に手を振って見送った。展望デッキでも、一目見ようと集まった多くの人がカメラを向けていた。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大会組織委員会は、アテネで開かれる聖火引き継ぎ式に日本からの参加見送りを決定。羽田空港で予定されていたともに五輪3連覇の金メダリストで柔道男子の野村忠宏さんとレスリング女子の吉田沙保里さんが出席するセレモニーも取りやめになった。

TOKYO2020号は、日航のボーイング787に、聖火ランナーを表す絵文字(ピクトグラム)が機体前方に大きく入った特別デザイン。垂直尾翼には、東京大会の聖火リレーのエンブレムがある。

聖火空輸は航空会社にとって五輪開催の花形任務で、今回は日航と全日空が共同で担当する。機体やパイロットは日航だが、機体には両社のロゴが東京五輪のエンブレムと並ぶ。

1964年の東京大会では、日航の特別機「シティ・オブ・トウキョウ」号がギリシャから返還前の沖縄へ運んだ。沖縄からは全日空が、聖火リレーの起点となった鹿児島、宮崎、北海道まで輸送した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン