「AI」「MaaS」に将来性 日経BPトレンド調査

2020/3/23 5:00
保存
共有
印刷
その他

日経BP(東京・港)は技術とマーケティング、消費の3分野のトレンドを分析した「トレンドマップ2020冬」をまとめた。将来性のあるトピックに「AI(人工知能)」「EC(ネット通販)」「MaaS(マース、次世代移動サービス)」を挙げた。

中長期的なトレンドを可視化する目的で、マーケティング専門メディア「日経クロストレンド」が作成した。技術、マーケティング、消費の3分野のキーワードについて専門家らに「現時点の経済インパクト」と「将来性」を聞いて点数化した。満点は5点。

経済インパクトについて、技術分野ではスマートフォンが4.75、マーケティング分野ではECが4.23、消費分野ではコト(体験)消費が3.71と、それぞれ点数が最も高かった。

将来性のスコアは技術分野でAIが4.64、マーケティング分野はECが4.20とトップ。消費分野ではMaaSが4.53と最も高かった。

MaaSは鉄道やバスなど複数の交通機関を組み合わせて最適化するサービスだ。交通手段の一括検索に加えて座席の予約や運賃の支払い、目的地でのチケット購入や割引サービスの受け取りまで、スマホアプリで完結できれば利便性が高まる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]