禁忌食材、画像でお知らせ セブン、訪日客向け2900商品

2020/3/18 14:09
保存
共有
印刷
その他

セブン&アイ・ホールディングス(HD)はイスラム教徒(ムスリム)やビーガン(完全菜食主義者)向けに、禁忌の食材の使用状況が分かる画像認識アプリの実証実験を始めた。プライベートブランド(PB)の約2900商品が対象。スマホで商品棚を撮影すると、避けるべき商品を色別で表示する。訪日外国人客が増えるなか、多様な食文化に対応する。

アプリ「ハラル グルメ ジャパン」の利用イメージ。スマホを商品棚にかざすと、ムスリムやビーガンが食べられない商品などを識別する

専用アプリで商品棚を撮影すると商品を識別し、画面上に表示する枠の色で判定結果を伝える。ムスリムとビーガンが食べられない豚肉などを原料に使う商品は黒色や灰色の枠で囲む。ムスリムが食べられる食品はピンクの枠、ビーガンが食べられる食品は黄色の枠でそれぞれ示す。

セブン&アイHDが提供するPB「セブンプレミアム」の約2900品が対象。

NTTドコモとハラル対応を支援するフードダイバーシティ(東京・台東)が実験に協力する。フードダイバーシティがアプリを提供し、ドコモが人工知能(AI)を活用した画像認識技術を担当。食品を判定する機能をもつ専用アプリ「ハラル グルメ ジャパン」を無料で利用できるようにした。

ドコモとフードダイバーシティは2018年に食品判定のシステムを開発し実験を進めてきた。小売企業と連携した実店舗での実証実験は今回が初めてになる。

実証実験の期間は3月16日から5月31日まで。イトーヨーカドー大森店(東京・大田)など都内のイトーヨーカドー6店舗で実施する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]