台湾、海外からの入境を原則禁止 新型コロナ、海外由来の感染警戒

2020/3/18 13:30
保存
共有
印刷
その他

【台北=伊原健作】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、台湾の呉●(かねへんにりっとう)燮・外交部長(外相)は18日、台湾人以外の台湾への入境を原則禁止すると発表した。公務やビジネス上の特殊なケースなどは除外するが、台湾メディアは「鎖国」と報じている。

台湾の呉・外交部長(19年11月、台北市内)

呉氏が18日、台北市内で記者会見して発表した。入境禁止措置は19日午前0時(日本時間同1時)から発効する。台湾人のほか、公務や商業などで特別な許可がある場合や、台湾の居留証を保有する外国人などは入境できるが、14日間の隔離措置の対象となる。

台湾の17日時点の感染者数は77人となっている。直近では海外が感染源となるケースが相次ぎ、警戒を強めていた。同日までに日本を含む計100近い国・地域からの入境者を14日間の隔離措置の対象にしていたが、より厳しい対策に踏み切った。

また呉氏は記者会見で、米国の対台湾窓口機関である米国在台湾協会(AIT)を通じ、台湾が米国と新型コロナ対策で協力すると発表した。ワクチンの共同研究や生産、専門家の交流、ハイテク技術を活用して濃厚接触者を追跡する手法の開発などで協力するという。中国は米台の接近に警戒を強めそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]