/

NY市、外出禁止令発動も 48時間以内に判断と市長表明

タイムズスクエアを訪れる観光客も激減した(17日、ニューヨーク)=ロイター

【ニューヨーク=河内真帆】ニューヨーク市のデブラシオ市長は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、市民の外出を禁じる命令を出すかどうかを48時間以内に判断すると表明した。

米国ではサンフランシスコ市が16日に外出禁止令を発動している。金融の中心地で、世界有数の巨大商業・観光都市であるニューヨーク市に外出禁止令がでれば経済への打撃が一段と膨らむ可能性がある。

ニューヨーク市のデブラシオ市長=ロイター

ニューヨーク市ではすでに多くの企業が社員の在宅勤務を始めており、16日からは飲食店が出前およびテークアウトのみに限られるなど有事対応の措置が相次ぎ導入されている。

米ジョンズ・ホプキンス大学によると、ニューヨーク州の感染者数は17日東部時間正午(日本時間18日午前1時)現在、国内最多の967人、次いで多いのがワシントン州の904人、カリフォルニア州では557人に上っている。感染者数は分刻みで拡大しており、トランプ大統領は13日に非常事態を宣言した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン