/

Amazon、欧米で倉庫入荷を一時制限 必需品を優先

アマゾンは日用品などの需要増に対応するため物流施設への入荷制限を始めた=ロイター

【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムは17日、米国と欧州の物流施設で商品の入荷制限を始めたと明らかにした。新型コロナウイルスの影響により一部で在庫切れとなっている生活必需品や医療用品の入荷を優先する。その他の嗜好品などについては新規の入荷を一時停止するとしており、ネット通販サービス上の品ぞろえに影響しそうだ。

物流施設への入荷制限は17日に始め、4月5日まで続ける。食料品や日用品のほか、ベビー用品や美容品、ペット用品などが優先入荷の対象となる。アマゾンがメーカーなどから仕入れて販売する商品だけでなく、同社のネット通販サイトに出品する外部事業者の商品も対象となる。すでに物流施設に向かっている商品は受け入れるという。

アマゾンは今回の措置は物流施設への入荷に限っており、消費者に発送する商品には影響しないとしている。ただ、物流施設での在庫がなくなっても生活必需品や医療用品以外の商品は4月5日まで新たな入荷ができないため、欠品や品薄状態となる恐れがある。

アマゾンの広報担当者は今回の措置について「販売パートナーにとっての変更であり、彼らの理解に感謝している」と述べた。ただ、突然の措置に同社のネット通販サービスを利用する外部企業からは反発の声も上がっている。アマゾンの取引先向けの情報提供サイトには「恐ろしいジョークだ。警告もなかった」といった書き込みもみられた。

欧米の多くの国では政府が住民らに外出を控えるよう求めており、ネット通販や食料品の宅配サービスの需要が急増している。アマゾンでは一部で消費者への配送に遅延が生じており、16日には米国の物流施設や小売店などで全従業員数の1割強に相当する10万人を新たに雇用する計画を発表していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン