/

この記事は会員限定です

老舗「駅弁屋」の味守る 6代目社長、新竹浩子さん

中部ひと

[有料会員限定]

三重県松阪市の新竹(あらたけ)商店は知る人ぞ知る駅弁屋だ。昭和の時代に全国初の牛肉弁当を考案した。老舗の味を守る6代目社長の新竹浩子さんもまた、鉄道ファンの間でつとに有名。「ぴーちゃん」のハンドルネームでSNS(交流サイト)を彩る。

京王百貨店(東京・新宿)の「第55回駅弁大会」で今年の幕が開いた。有名どころを集めたこの新春イベントは商売繁盛のバロメーターだ。ヒット商品「モー太郎弁当」は17年前の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン