5/25 17:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 衰えるバフェット氏の手腕 指数に勝てず含み益も急減[有料会員限定]
  2. 2位: 投資苦戦のソフトバンク IT連携に根強い期待[有料会員限定]
  3. 3位: 三越伊勢丹、進む営業再開 課題の売り場改革[有料会員限定]
  4. 4位: 日経平均反発、終値353円高 緊急事態宣言の解除見通し
  5. 5位: 「人生を豊かにするテクノロジー生み出す」辻庸介氏[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,741.65 +353.49
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
20,820 +460

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

日生や第一、新型コロナ受け貸付金利減免 払込猶予も

2020/3/17 20:43
保存
共有
印刷
その他

日本生命保険など大手生保は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、契約者に一時的な資金を貸し出す制度の新規貸付金利をゼロ%にする。保険契約のある個人や法人の資金繰りを支える。同様の対応は中小企業の契約者が主体のエヌエヌ生命保険などが先行しているが、個人など幅広く契約者を抱える大手も同様の措置を講じる。

生保各社は保険契約先の支援に乗り出している

日本生命のほか第一生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険が17日に発表した。生保会社は契約者向けに、保険料を担保に貸付制度を提供している。利率は日本生命の場合で直近では年3%が一般的だという。新型コロナの影響を受けた契約者を対象に、利率を引き下げる。

新型コロナに対応した貸付金利の引き下げはエヌエヌ生命のほか、大同生命保険とソニー生命保険などが17日までに発表していた。

また、日本生命など大手生保は同日、保険料の払込期限を契約者からの申し出に応じて最長半年間延ばすと発表した。年度末で事業が混乱している場合でも加入者が保険料を納めやすくする。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム