/

この記事は会員限定です

「茶聖」伊東潤さん 政治的な利休、死をかけた闘い

[有料会員限定]

ダイナミックな歴史・時代小説で知られる作家が、安土桃山時代の佗茶(わびちゃ)の完成者である千利休の生涯に挑んだ。「すでに利休については様々な小説が書かれているが、僕は"政治的"な利休を描こうと考えた。権力者と妥協を重ねながら、茶の湯という新たな価値を広げた姿に光を当てました」

プロローグでは豊臣秀吉に命じられ、利休が切腹に至る場面が描かれる。第1章は「本能寺の変」直後に時間が戻り、宗易(後の利休...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン