「茶聖」伊東潤さん 政治的な利休、死をかけた闘い

読書
2020/3/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ダイナミックな歴史・時代小説で知られる作家が、安土桃山時代の佗茶(わびちゃ)の完成者である千利休の生涯に挑んだ。「すでに利休については様々な小説が書かれているが、僕は"政治的"な利休を描こうと考えた。権力者と妥協を重ねながら、茶の湯という新たな価値を広げた姿に光を当てました」

プロローグでは豊臣秀吉に命じられ、利休が切腹に至る場面が描かれる。第1章は「本能寺の変」直後に時間が戻り、宗易(後の利休…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]