/

この記事は会員限定です

生き残るために変わる 元ヤンキース・黒田の適応力

大リーグで生きる(2)

(更新) [有料会員限定]

どれだけのものを捨て、どれだけの変化を重ねたことか。メジャーという異郷で、日本人投手随一の安定感をみせた黒田博樹(広島-ドジャース-ヤンキース)の壮絶な戦いは、すべての前提と常識が崩れるコロナ時代の生き方を教えてくれているようでもある。

ある種の恐怖を覚えた日のことを、黒田は忘れない。通算203勝の右腕、ロイ・ハラデー投手(ブルージェイズ―フィリーズ、2017年に自ら操縦する飛行機の事故で死去、1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大リーグで生きる

新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が遅れていた大リーグが、7月23日、いよいよ開幕する。レギュラーシーズン60試合は1870年代以来の短いシーズンとなる一方、7月まで4カ月弱開幕がずれ込んだおかげで、大谷翔平が2年ぶりに開幕から二刀流に復帰する。今季大リーグでプレーする日本選手は9人、いよいよ熱い夏が始まる。(この連載は本編5回、ビジュアルデータ1回、番外編3回で構成します)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン