/

この記事は会員限定です

4月始動のiPS財団、山中氏「国頼らず寄付活動頑張る」

[有料会員限定]

京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長はiPS研の細胞備蓄事業を引き継ぐ新財団が4月から始動するのを前に取材に応じた。運営費について「国のお金をいただけるとありがたいが頼るわけにはいかない。寄付活動を頑張っていく」と意気込みを語った。約10年のうちに支援した企業による製品の実用化やスタートアップ企業が立ち上がることを目指すという。

新財団は100人体制で予算は16億円。治療用のiPS細胞を製造して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン