/

アスクル6~2月純利益3.7倍 「ロハコ」赤字縮小

アスクルが17日発表した2019年6月~20年2月期の連結決算は、純利益が前年同期比3.7倍の41億円だった。主力の法人向け通販で、金庫やコンテナなど採算の良い商品の品ぞろえを広げた効果が表れた。消費者向けネット通販「ロハコ」事業もヤフーの通販サイト「ペイペイモール」でのキャンペーンが顧客獲得につながり、赤字幅が小さくなった。

売上高は4%増の2994億円だった。法人向けは全体の8割を占め、ネット広告に力を入れたことで新規客が増えた。

20年5月期の通期業績予想は据え置いた。売上高は4%増の4040億円、純利益は前期比12倍の54億円を見込んでいる。直近では新型コロナウイルスの影響で衛生用品などの欠品が続いている。取扱品目の2割が中国製で今後は調達が不安定になる可能性があるため、調達先を広げるなど対策を進める。

アスクルは13日に開いた臨時株主総会で弁護士の市毛由美子氏ら4人を取締役に選任して、独立社外取締役がいない状態が解消された。吉岡晃社長は17日に実施したネット上の決算説明会で「新経営陣でガバナンスを再構築し、企業価値の向上を進めていく」と強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン