/

この記事は会員限定です

[社説]歯止めなき原油の増産競争に潜む危うさ

[有料会員限定]

原油相場が急落した。サウジアラビアとロシアの協調減産をめぐる交渉が決裂し、サウジがこれまでの減産姿勢から大幅増産へ転じたことがきっかけだ。

原油が安くなればガソリン価格や電気料金が下がることが期待され、私たちの暮らしに恩恵があるように見える。しかし、原油市場の変調は産油国の安定を脅かし、株式や金融市場の混乱を増幅する。歯止めを失った増産の行方に警戒が必要だ。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン