/

栃木県商議所連、新型コロナ対策を県に要望

栃木県商工会議所連合会は17日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている中小企業や小規模事業者の支援を県に要望した。制度融資など県の資金繰り支援策の拡充のほか、宿泊キャンセルやイベント中止などの影響を受けている事業者の支援などを求めた。藤井昌一会長は「非常に厳しい状況が続いている」と話し、資金面などでの支援の必要性を訴えた。

要望には風評被害の払拭のための情報発信の強化や、感染防止・早期収束への対応も盛り込んだ。要望書を受け取った福田富一知事は「県内経済への影響の最小化を図るためにも連携しながら取り組んでいきたい」と強調。風評被害などの防止に向け、「県からのメッセージも発信できればと考えている」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン