/

4月のマスク供給量、6億枚から上積み 新型コロナ

菅義偉官房長官は17日の記者会見で、品薄状態が続くマスクの4月の供給量について、現在の供給能力の6億枚からさらに上積みできるとの認識を示した。「必要な対策をスピード感をもって講じ、少しでも早く品薄状況を解消したい」と強調した。3月の供給量に関し「外国からの輸入の回復や再利用できるマスクの増産などを進め、6億枚の調達を超えた」と述べた。

菅氏はマスクの国産と輸入の内訳について「平常時は海外からの輸入が7割、国産が3割だ。3月はその比率が逆転する見込みだ」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン