静岡4区補選、候補を一本化 立民など野党4党

2020/3/17 17:25
保存
共有
印刷
その他

立憲民主、国民民主、共産、社民4党は17日、4月26日投開票の衆院静岡4区補欠選挙で、無所属で立候補を表明した元東京都議の新人、田中健氏を統一候補とすると発表した。4党は田中氏を推薦する見通しだ。共産党は決めていた元衆院議員の擁立を取り下げる。

4党の幹事長・書記局長と田中氏が17日、14項目でつくる政策確認文書に署名した。

中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)については「地元合意などないままの再稼働を認めず」と明記した。立民の福山哲郎幹事長は「次期衆院選に向けて野党が一本化して戦うモデルケースとなる」と述べた。

同補選は自民党の望月義夫元環境相の死去に伴う。自民党は元県議の新人、深沢陽一氏を公認した。NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏も出馬表明している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]