資金繰り支援 機動的に 金融庁長官、円滑化法「復活」
経済収縮どう臨む(2)

2020/3/17 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁の遠藤俊英長官は日本経済新聞のインタビューで、新型コロナウイルスの感染拡大による中小企業の経営悪化を食い止めるため、「時間をかけず資金繰り支援を機動的に行ってほしい」と金融機関に融資先への返済猶予などを促す考えを示した。リーマン危機後に整備した「中小企業金融円滑化法」の枠組みを実質的に踏襲し、金融機関に対応の報告を毎月義務づける。

新型コロナの影響は国内産業に広く及んでおり、旅行者数の減少…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]