障害者も接客業務 分身ロボットが広げる世界

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2020/3/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTは2020年2月20日、遠隔操作型の分身ロボットを活用した受付業務のトライアルを公開した。外出が困難な体に障害のある人などが遠隔地から分身ロボットを操作し、来訪者を会議室まで誘導するものだ。

会議室まで道案内をしてくれるのが、オリィ研究所(東京・港)の分身ロボット「OriHime-D」。高さは約120センチメートルで、カメラやマイク、スピーカーを搭載する。インターネット経由で操作することで…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]