大塚食品、肉不使用の「植物肉ハム」 大豆で代替

2020/3/17 16:31
保存
共有
印刷
その他

大塚食品は植物肉を使った肉不使用の"ハム"、「ゼロミート ハムタイプ」を23日に発売する。肉の代わりに大豆を使用。肉のような食感や味、香りを目指した。同社は既に大豆を素材としたハンバーグなど植物肉の商品を販売しており、新商品は3種類目。環境や健康への意識が高まるなか、植物肉の需要を取り込む。

大塚食品が販売する大豆を使った植物肉「ゼロミート ハムタイプ」

「ゼロミート ハムタイプ」は大豆加工食品を使用。ハム特有の弾力性を目指した。カロリーやたんぱく質、脂質は一般的なハムと同程度だという。

同社は代替肉の「ゼロミート」ブランドからハンバーグタイプやソーセージタイプなどを販売している。ラインアップを充実させ、ベジタリアンらの需要を取り込む。

内容量は60グラムで希望小売価格は税別298円。全国のコンビニエンスストアやスーパーマーケットで販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]