労働基準法改正案が衆院通過 未払い賃金の請求期間3年に延長

経済
政治
2020/3/17 16:09
保存
共有
印刷
その他

衆院は17日の本会議で、残業代などの未払い賃金を請求できる期間を現行の2年から当面3年に延長する労働基準法改正案を可決した。2020年4月の改正民法施行で賃金に関する債権の消滅時効が原則5年となるのに対応し、会社員やパート労働者が企業に未払い賃金を請求できる期間を延ばす。

衆院本会議のようす(12日)

衆院本会議のようす(12日)

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]