/

この記事は会員限定です

清水正紀氏 株から商品に転じ、全国制覇

[有料会員限定]

清水正紀は戦後商品先物業界を象徴する人物であった。日本橋蛎殻町1-1に本拠を構え、屋上には小豆相場のケイ線が大きく鎮座ましましていた。毎日新聞のコラム「若い日の私」に書いている。

「終戦!自由な時代―これ以後が私の真の青春だった。東京兜町証券街の街頭に立って、何銘柄の株がもうかるか、株の世界に全力投球した。私の情報は的中に次ぐ的中で人気絶頂のセーキ情報社はこのように発足した」

水戸っぽ気質は「三ぽい」だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン