/

塩野義、新型コロナ検査キット販売で協議

塩野義製薬は17日、中国企業が開発した新型コロナウイルスの検査キットについて、国内での独占販売契約取得に向け協議を始めたと発表した。一滴の血液と希釈液をキットに垂らすと10分で感染の有無がわかる。9割以上の精度で、中国当局からはこのほど承認を得たという。塩野義は契約締結後に研究用として販売し、国や自治体への寄付も検討する。

開発したヴァゼム・バイオテック(江蘇省南京市)からキットを輸入するマイクロブラッドサイエンス(東京・千代田)と業務提携に向けた協議を始めた。キットはウイルスの感染初期に体内で作られる抗体などを測定する。感染の確定診断には使えないが、PCR検査の前のスクリーニングや患者が免疫を獲得したかどうかなどに活用できるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン