/

省人化・産業育成に規制の壁 5分でわかる日本の事情

(更新)

7月14日スタートの新連載「革新後進国」では、人手不足への対応など産業革新を迫られる日本企業が直面している古い規制や新型コロナウイルスであぶり出された独特のルールの問題点などを描いていきます。世界からみて日本の規制はどのように評価されているのかなど、グラフを交えてわかりやすく解説します。

 日本は人手不足に直面し、世界でも不足感は最高の水準にあります。ロボットの活用など人手不足の解消につながる取り組みは急務ですが、様々な業種で省人化を阻む規制が存在しています。
 日本は技術開発力などに優れ、世界6位の競争力を持つと評価されていますが、政府規制の対応や行政手続きについては評価は高くありません。規制の対応で世界に後れれば、企業の新陳代謝を阻む恐れもあります。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン