「AIはツール 人間の発想広げる」羽生善治氏
将棋棋士

GO2030
カバーストーリー
囲碁・将棋
2020/3/24 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「全く別の時間軸を生きているという点で、人間と人工知能(AI)の関係はゾウとネズミに似ています」。将棋の第一人者、羽生善治氏(49)はこう指摘します。AIの活用で先端を行く将棋界。テクノロジーとの関係から10年後の日本、そして世界を占います。

羽生善治氏(はぶ・よしはる) 将棋棋士・九段。1970年埼玉県生まれ。96年七冠独占。2017年永世七冠を達成。18年国民栄誉賞。通算タイトル獲得数は歴代最…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]